正法寺・庭

正法寺・庭

1598(慶長3)年に創建された臨済宗の「正法寺」。京都の東福寺派・守意を開祖とした400年の長い歴史を持つお寺で、江戸時代には朝鮮通信使の常宿としても利用された名刹です。境内のお堂には、鞆町の信者により寄進された十六羅漢像が安置されていますが、実はもうひとつ、隠された十六羅漢があるのです。それが、奥座敷にある十六羅漢の屏風絵です。この水墨画は、鞆の絵師・門田勝人さんの筆によるもの。ふたつの十六羅漢、ぜひ鑑賞したいものです。また、お寺の鬼門の北方には、毘沙門天も安置されています。

基本情報

■住所
広島県福山市鞆町後地1008

■お問い合わせ
084-982-3106

■営業時間
なし

■定休日
なし

■料金
境内無料

■アクセス
JR福山駅南口から鞆鉄バス鞆線で30分「安国寺下」下車 徒歩3分

開催場所

〒720-0202 広島県福山市鞆町後地1008

展示作品・作家

小林 照尚
http://tomonoura.com/tomoart/kobayashi/

関連記事

  1. 石北有美:福山市

  2. 小林 照尚:岡山県

  3. 久保極

  4. 2016年:パンフレット

  5. 福禅寺対潮楼・庭

  6. 大可島城跡

  7. 顕政寺

  8. ヨシダコウブン

  9. 久山淑夫