静観寺・屋内

静観寺・屋内

鞆の浦で最も古く、そして最も多難なお寺・「静観寺」。創建は806(大同元)年、最澄によると伝えられています。当時は、7000坪の大敷地に七堂伽藍が建ち並んで、五重塔も天を衝き、たいへんに栄えていたといいます。ところが、相次ぐ戦乱や火災によって、多くの文化財は焼失。残念ながら現在では往時の栄華を物語るものは残されていません。それでも、この「静観寺」はしっかりと命脈を保ち、今でも、鞆一番の古刹として人びとに愛され続けているのです。時が止まったような、ほっと落ち着けるお寺さんです。
基本情報

■住所
広島県福山市鞆町後地1199

■お問い合わせ
084-982-3019

■料金
なし

開催場所

〒720-0202 広島県福山市鞆町1199

展示作品・作家

三舛明子
http://tomonoura.com/tomoart/mimasu/
都築繪理菜
http://tomonoura.com/tomoart/tuduki/

関連記事

  1. 2017年:パンフレット

  2. 三舛明子:広島市

  3. 田原康丞:府中市

  4. ズガコウサクとクリエイト

  5. 福山大学メディア・映像チーム:福山市

  6. 2021年:パンフレット

  7. かとうゆみこ

  8. Mayumi Ono

  9. 2018年:パンフレット